救う会神奈川では現在ボランティアを募集しています。街頭でのビラ配りや市民集会の手伝い、ホームページの管理等が出来る方は是非メールでご連絡下さい。
   
【連絡先】
神奈川県藤沢市藤沢1031小島ビル2階

藤沢市市民活動推進センタ− レタ−ケ−ス1-20
北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会気付
電話:090-9816-2187
   

松木信宏さんからのメッセージ

近況と今後について
 
いつもお世話になっております。 松木薫の弟の信宏です。 何か書くようにとの事務局からの依頼で拙い文章ですが、お許しください。 9.17以降、目まぐるしく変化していった昨年に比べ、今年は『停滞』という言葉 が相応しい状況に なっていました。それが、5.7国民大集会でまた流れが変わったと思います。 翌日の福田官房長官の経済制裁に関する踏み込んだ発言、正直驚きました。 これは間違いなく、1万人以上とも2万人ともいえるご来場の皆様、すなわち『拉致 問題解決は世論だ』 ということをはっきりとアピールできた結果だと思います。皆様の御蔭です。本当に 有難う御座いました。 その後、五人の被害者の方達との総理の面会、北朝鮮の曽我さんのご家族からの返事 の件、このとき の曽我さんの喜びの顔、本当に良かったと思ったものでした。 それが一変、『人権問題を大事にしている』と自称している築地さんによって粉々に 打ち砕かれようとは 誰も思っていなかったことでしょう。 掲示板にもありましたが、ホームページを削除したところで公共の図書館等にその記 事は保管されます。 色々手を施した所で流れた情報が元に戻ることはありません。 ましては、唯一の家族とのパイプともいえるものを半ば潰したも同然です。 築地さん達は9.17を忘れてしまっているのでしょうか?今一度、あの時のことを 思い出してください。 それとも『拉致問題』が解決すると困ることでもあるのでしょうか? 大手町さんと築地さんとで対北朝鮮報道で文書の応酬があったことがありますが、曽 我さんの件を見る 限り、築地さんは『一所懸命取り組んでいる』とは言えないのではないでしょうか? 築地さんの記事を引用して言わせてもらえば、今現在、築地さんは『拉致問題解決の 障害』です。 私の家の件、地村さんの件など色々ありました。よくお考えになって善処してくださ い。 私自身は『是々非々』の態度を常に持ち、行動したいと考えています。 築地さんの『遺骨のその後』の記事は本当によい記事だと敬服しています。 『遺骨の尊厳』を考えることが出来る新聞社なのですから、『プライバシーの保護』 についても、しっかり 取り組んでいただきたいものです。 私事ですが、5.17に兄と私の母校(九州学院)の同窓会(東京九学会・・・休学 会ではありません・・・笑) に参加して多大な激励を受けました。この場をお借りしてお礼申し上げます。 今後ともお世話になることが多々あると思いますが、何卒宜しくお願い致します。 (5.17了)