NEWS :★☆救いのカモメニュース・救う会神奈川★☆新刊本の紹介と守る会の要請文 2008/08/08‏ 
└ 2008-08-08 20:11

よど号犯による拉致・工作の徹底究明を!政府認定でもなく、特定失踪者でもない人々(小住健三さん、福留貴美子さん、寺越昭二さん、寺越外雄さん、寺越武志さん、加藤久美子さん、古川了子さん)の拉致認定を!決して見捨てるな!政府認定・未認定者を含めた全ての拉致被害者の帰国まで決して見捨てないぞ! 私達は、拉致の解決を置き去りにした国交正常化を絶対に認めません! 人権なき国家での北京オリンピック反対!中国政府よ!ダルフールでのジェノサイド行為に加担するのをやめよ!中国政府よ!脱北者狩りをやめて、難民条約を尊守せよ!私達、救う会神奈川はバルーンプロジェクトを応援します。私達は北朝鮮の拉致・人権問題の解決の為に内外のNGO団体と連携して活動していきます。 政府は拉致被害者・特定失踪者を見殺しにするな!!救う会神奈川はしおかぜ・ネットワークに応援します朝鮮総連に破壊活動防止法の適用を!! 転載歓迎 事務局より 11月に救う会神奈川で講演していただく野村旗守先生が以前、宝島ムックから出した本を編集して文庫本で出版しました。野村先生以外にも増元照明家族会事務局長と重村早稲田大学教授との対談や三浦小太郎さんや青木直人さんの論文も掲載しています。是非、ご一読ください。明日は午後三時から横浜駅で増元照明家族会事務局長も参加された街頭活動を行います。猛暑だと思いますが是非ともお時間が有ればご参加ください。 ●新刊本の紹介 北朝鮮利権の真相 金正日に騙された面々編 [宝島SUGOI文庫] (文庫) 野村旗守 (編集) (あらすじ)2008年6月、アメリカは北朝鮮に対するテロ支援国家の指定を解除することを発表しました。置き去りにされ、解決の糸口が見えないままの拉致問題。日本はいつ、どこで、どう間違えたのでしょうか。本書では日本国内の政治家、外務省、支援団体、メディアがいかに金正日の二重外交、世論操作に踊らされ、日朝交渉を敗北に導いてしまったかを検証します。国交正常化を前提にした利権漁りの実態を暴きます! http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%88%A9%E6%A8%A9%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8-%E9%87%91%E6%AD%A3%E6%97%A5%E3%81%AB%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%9D%A2%E3%80%85%E7%B7%A8-%E5%AE%9D%E5%B3%B6SUGOI%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%87%8E%E6%9D%91%E6%97%97%E5%AE%88/dp/4796665951/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1218180482&sr=1-1 アマゾンのHP ●参考資料(アメリカ政府並びに日本政府への要請文) アメリカ合衆国大統領 ジョージ・W・ブッシュ 殿日本国内閣総理大臣  福田康夫 殿 私達はアメリカ政府の人権問題を無視した北朝鮮テロ支援国家指定解除に反対すると共に,日本政府にも、北朝鮮に対する総合的な人権外交を展開することを求めます  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の米国議会によるテロ支援国家指定解除の時期が迫りつつあります。私たち北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会は、1994年に結成された北朝鮮の人権問題に取り組む市民団体ですが、この指定解除に対し、自由と人権の尊厳の名の下に強く反対すると共に、日本政府にも拉致問題のみならず北朝鮮の人権問題にさらに総合的な取り組みを行うべき事を訴えます。 アメリカ政府は、北朝鮮が過去半年間テロを支援していないこと、また今後もテロを支援しないと確約していること、そして核開発に対し申告と停止をおこなうことを条件にテロ支援国家指定解除に向おうとしております。私達は、日本人を含む諸国の拉致問題が解決されていないだけでも、北朝鮮のテロ行為は継続中だと考えますが、それだけではなく、北朝鮮は、300万人に及ぶと言われる餓死者を大量に出しながら核兵器開発を優先する先軍政治を強行し、国内では政治犯収容所を頂点とする人権弾圧を繰り広げている全体主義独裁体制であることは、脱北者の多くの証言や、政治犯収容所の衛星写真等で証明されております。北朝鮮の拉致、核開発、麻薬製造と販売、また大韓航空機事件などの国際テロリズムへの関与は、この体制の本質から導かれるものであり、現北朝鮮体制の根本的な人権改善と政治の民主化なくしては、根本的な問題解決には至らないと私達は考えます。現在北朝鮮との交渉に尽力しておられるヒル国務次官補ご自身が、北朝鮮のこれら人権問題の深刻さを認め、米朝国交回復交渉には人権問題改善が重要である事を7月31日のアメリカ上院軍事委員会にて発言されております。 しかし、仮に核問題のみの妥協的解決をもってテロ支援国家指定が解除されるのならば、それ以外の北朝鮮の様々な拉致、人権侵害、収容所体制などの人権抑圧体制は「テロ」には当たらないという判断を北朝鮮に与え、その後の人権改善への道は閉ざされる危険性があります。核問題の重要性は私達は被爆国の国民として充分理解しておりますが、今、緊急の課題とみなすべきは、異国にさらわれ囚われの身である拉致被害者の奪還であり、収容所で呻吟する無実の政治犯の生命の救出であり、中朝国境で人身売買の運命にさらされ、不当逮捕と北朝鮮への強制送還の恐怖に怯えている脱北者たちの保護であり、また北朝鮮への帰国事業で海を渡り、今は収容所国家に囚われの身となっている帰国者、年老いた日本人妻達の救出であります。日本政府もまたこれらの総合的な人権問題に対し、日本国憲法に明記されている「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと勤めている国際社会において、名誉ある地位を占めたい」という精神からも、さらに強固な改善要求を北朝鮮政府に求めるべきではないでしょうか。 私達は、今現在進行中の奪われている生命の尊さ、自由の尊さを、核兵器の脅威よりも遥かに重要と考えます。そして、自由と民主主義を求める心は、核兵器を初めとする暴力や、いかなる恐怖を煽るテロリズムにも勝利しうるのだという確信を、私達は全ての民主主義国家国民と共有するものであります。以上の観点から、私達はアメリカ政府及び日本政府に対し、以下の点を強く要請します。 1、アメリカ政府は、核問題の進展に関わらず、北朝鮮の人権問題に明確な改善が見られない限り、北朝鮮に対する国際的圧力の強固な輪の一つである、貴国のテロ支援国家指定を解除しないでください。1、アメリカ政府、並びに日本政府は、北朝鮮の核開発や拉致犯罪、またハイジャック犯の受け入れだけがテロ行為なのではなく、恐怖と暴力を持って国民を支配・弾圧する金正日全体主義体制そのものがテロであるという原則に根ざし、国内の人権改善を求める外交を展開してください。1、日本政府は、拉致問題のみならず、北朝鮮の広範囲な人権侵害と、八日に予定されている北京オリンピックが開催される中国において、今現在も行われている脱北者の北朝鮮への強制送還などに対しても強い抗議の意を表し、その人権改善を求めてください。1、日本政府はアメリカ政府に対し、両国の同盟関係は単なる国益のみならず、民主主義と人権尊重の精神に基づくものであり、核問題よりも人権侵害の告発と改善要求のために、日米が連携して北朝鮮に更なる圧力をかけるべきことを呼びかけてください。 2008年8月8日北朝鮮帰国者の声明と人権を守る会http://hrnk.trycomp.net/ 代表 三浦小太郎連絡先 : E-mail; miurakotarou@hotmail.com ●テロ指定国家解除に抗議する緊急街頭活動 日時 平成20年8月9日(土)午後3時〜場所 横浜駅西口 交番前主催 救う会神奈川(家族会から増元照明さんも参加予定です)連絡先 090-9816-2187 ●第20回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」 〜拉致を語らずして人権を語るなかれ〜 講演者: 増元照明さん(増元るみ子さんの弟)     野村旗守さん(ジャーナリスト・著作「社会党に騙された!」ほか)     杉野正治氏(特定失踪者問題調査会常務理事)     木下義雄さん(脱北者) ほかに神奈川県内の特定失踪者家族関係者も参加予定です 平成20年11月30日(日)午後1時30分開場・午後2時開演(午後5時30分終了)場 所: 藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)http://www.cityfujisawa.ne.jp/~fcenter/sisetu4.html参加費: 500円(学生 300円)主 催: 拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会共 催: 北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会共 催: よど号グループに真相を究明する会 入場料:500円(学生300円)問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com ─…─↓ メルマ!PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─<働くママさんへ>3年ごとに15万円もらえるの知ってる?28歳ボーナス150,000円 子供の養育費に31歳ボーナス150,000円 貯金に34歳ボーナス150,000円 家族で旅行にhttp://ad.melma.com/ad?d=U0K0UPBJK012xKAO10Q19KWcq050g6Vt51970044…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ メルマ!PR ↑─… ●関連HP・ブログ http://freedon1789.blogspot.com/ 「救え!!ダルフール難民」日本では報道されていないダルフール紛争の真実と虐殺を行っているスーダンを支援している中国の実態を暴くブログ http://www.dailynk.com/japanese/ 「デイリーNK」DailyNKは北朝鮮民主化ネットワークのNGO活動家たちが作る、世界初の北朝鮮専門インターネットニュースで、海外の独占取材網を通じて、リアルタイムで北朝鮮社会の変化と脱北者の実態を報道しています。 http://kaese.at.webry.info/「ダントンさんのブログ」北朝鮮にいるよど号グループに拉致問題等の情報公開を求めるブログです。 http://taisa.fruitblog.net/ 「北朝鮮人権委員会事務局通信」 +++++++++++++++++++++++++++++++++++ 北朝鮮に人権査察を!北朝鮮に人権の光を!金正日を国際法廷へ! ★☆救いのカモメニュース・救う会神奈川NEWS ★☆ MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢1031小島ビル2階     藤沢市市民活動推進センタ- LC1-20    北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会気付     発信者:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会事務局救う会神奈川ホームページ:http://kanagawa.trycomp.net/syukai.phpemail:sukukaikanagawa@hotmail.com電話090-9816-2187

HOME

News

集会案内

声明

メールニュース

救う会神奈川会則

会計報告

掲示板

LINK集

過去ログ

 

 

救う会神奈川では現在ボランティアを募集しています。街頭でのビラ配りや市民集会の手伝い、ホームページの管理等が出来る方は是非メールでご連絡下さい。

【連絡先】
神奈川県藤沢市藤沢1031小島ビル2階
藤沢市市民活動推進センタ− 
レタ−ケ−ス1-20
北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会気付
電話:090-9816-2187
sukukaikanagawa@hotmail.com

i2i無料WEBパーツ